10日午前の東京市場で、ドル・円は113円付近でのもみあい。上海総合指数はプラス圏で推移しており、リスク回避的な円買いは後退。ただ、ランチタイムの日経平均先物は下げに転じた。日経平均株価はマイナス圏で前引け、後場も軟調地合いが続けばやや株安を警戒した円買いに振れそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円93銭から113円08銭、ユーロ・円は129円77銭から130円17銭、ユーロ・ドルは1.1485ドルから1.1514ドルで推移した。


<SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は113円付近、日本株安に警戒も