欧州市場でドル・円は111円80銭台でのもみ合いが続く。欧州株式市場は主要指数が全面高、米株式先物も堅調地合いを維持しており、株高を意識した円売りに振れやすい。ただ、主要通貨に対する前日からのドルと円の売りは一服し、様子見ムードが広がっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円80銭から111円87銭。ユーロ・円は130円89銭から131円11銭、ユーロ・ドルは1.1703ドルから1.1722ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円はもみ合い、ドルと円の売りは一服