14日午前の東京市場で、ドル・円は一時111円80銭台に失速。安倍首相が本日、自民党総裁選に向けた候補者討論会で「異次元の金融緩和を続けていいとは思わない」と述べ、緩和策縮小を警戒した円買いに振れた。ただ、ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いで、目先の日本株高維持を意識した円売りの基調は継続。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円83銭から112円08銭、ユーロ・円は130円80銭から131円04銭、ユーロ・ドルは1.1687ドルから1.1696ドルで推移した。


<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は失速、安倍首相の発言で円買い