NY金先物12月限は反落(COMEX金12月限終値:1208.20 ↓2.70)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比−2.70ドルの1オンス=1208.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1205.00ドルまで売られた。原油先物の反落や米中貿易協議再開への期待が浮上していることが売り材料となった。13日の欧米市場では、ユーロ高・米ドル安の相場展開となったが、金先物相場を押し上げるまでの影響力はなかった。
<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY金:反落で1208.20ドル、米中貿易協議再開への思惑で安全逃避の買い縮小