ドル・円は欧州市場で111円40銭付近まで弱含んだが、その後下げ止まったもよう。トルコのエルドアン大統領が中銀の政策決定を前に「高い金利を引き下げるべき」などと発言し、リラ・円は16円前半に急落。足元は16円後半に持ち直したことで、警戒の円買いは弱まった。ユーロ・ドルは一時1.1609ドルまで下落した。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円43銭から111円52銭。ユーロ・円は129円44銭から129円60銭、ユーロ・ドルは1.1609ドルから1.1625ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は下げ渋り、トルコリラの売り一服