欧州市場でドル・円は111円50銭付近での攻防となり、売り買い交錯。欧州株は大方上昇し、米株式先物も上昇しており、円売りに振れやすい。また、トルコ中銀の会合を控えてトルコリラがやや弱含み、ユーロ・ドルも軟調気味であり、ドルがやや押し上げられている。ただ、111円50銭以上にドル売りが観測され、上値の重い展開となっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円45銭から111円52銭。ユーロ・円は129円47銭から129円60銭、ユーロ・ドルは1.1614ドルから1.1625ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円はもみ合い、111円半ば付近で攻防