25日の日経平均は反発。ローソク足は陽線を引き、2日連続で5日線を下回ることなく推移した。5日線が上向きを維持したほか、25日線が上向きに転じ、上昇基調への復帰を示唆している。一目均衡表では、日々線が雲を大幅に上回り、遅行線は株価の上方に浮上して強気シグナルを発した。ボリンジャーバンドでは、日々線が+1σを上回って終了。-1σ割れを見た7日からの反転基調を確認した形となり、14日以降は+2σを試す流れとなろう。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:25日線上向き転換、上昇基調復帰を示唆