以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家わらしべ氏(ブログ「テンバガーへGO!わらしべのブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
—-
※2018年9月11日23時に執筆
フィスコソーシャルレポーターのわらしべです。
【人気銘柄の親会社に注目】
タカラバイオ<4974>が人気化、2018年9月4日には2,826円の年初来高値をマークしており市場の人気を集める銘柄として注目されています。ところが、連日年初来高値を更新するような人気銘柄は反面では急騰後の調整可能性も大きくなるため、投資リスクも大きくなると思っています。そこで、今回、タカラバイオの筆頭株主である宝HD<2531>に注目してみたいと思います。

【宝酒造・タカラバイオ等を傘下にもつ持ち株会社】

宝HD<2531>はタカラバイオ<4974>の株式の60.9%を保有する筆頭株主です。足元の株価は1,357円(9月11日終値)となっています。一方、タカラバイオの株価は2,799円(9月11日終値)です。単純計算でタカラバイオの株価2,799円に宝HDの持ち株比率である60.9%を掛けると2,799円×60.9%=約1,705円と試算出来ます。

一つの考え方として、タカラバイオの株価2,799円が妥当な企業価値を示す水準とするならば、親会社である宝HDは持ち株比率60.9%分の株価1,705円は意識されるものと考えられます。もちろん、持ち株会社である宝HDはタカラバイオの宝酒造他の子会社を擁していますので1,705円を基準にすれば+αの株価が意識されることも考えられると思います。そういった観点から株価の動きに注目してみることも面白いのではないでしょうか。

株価1,357円(2018年9月11日終値)



執筆者名:わらしべ
ブログ名:テンバガーへGO!わらしべのブログ


<HT>

情報提供元:FISCO
記事名:「個人投資家わらしべ:宝HDはタカラバイオの筆頭株主として注目【FISCOソーシャルレポーター】