ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にもフォワードガイダンスを変更するとの思惑が広がったことで、一時1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。英国が合意なしの欧州連合(EU)からの離脱を回避するとの見方は変わっていないものの、英国の政治不安や米国とユーロ圏の金利差拡大の思惑は残されていることから、ユーロ・円は129円台後半で上げ渋る展開が予想される。

【ユーロ売り要因】
・米国とユーロ圏の成長率格差、米長期金利上昇
・イタリアの債務問題
・トルコリスク

【ユーロ買い要因】
・米国と欧州連合(EU)は貿易障壁の引き下げで合意
・トランプ大統領は米利上げに不満
・英国は合意なしのEU離脱を回避できるとの見方

<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆129円台後半で上げ渋る展開が予想される