13日午後の東京市場で、ドル・円は112円60銭台でこう着。足元はドル買い基調が続いているものの、上海総合指数は前日比小幅安で引け、円売りはやや抑制されているもよう。また、ユーロ・ドルが下げ、ユーロ・円が本日安値を更新するなど、クロス円が弱含み、引き続きドル・円の重石となっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円49銭から112円77銭。ユーロ・円は131円08銭から131円53銭、ユーロ・ドルは1.1632ドルから1.1675ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は上値が重い、上海総合指数は小幅安で終了