12日午後の東京市場で、ドル・円は112円20銭台での推移が続く。前日の取引で5月高値の111円40銭付近を上抜けた影響で、ドル買い基調が強まっている。ある市場筋は、ドルが目先112円後半に上昇した場合には、今年1月に付けた最高値113円38銭が意識されるという。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円92銭から112円37銭、ユーロ・円は130円67銭から131円17銭、ユーロ・ドルは1.1670ドルから1.1679ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は112円台前半でもみあい、今年最高値を意識