NY金先物8月限は弱含み(COMEX金8月限終値:1299.40 ↓3.80)。1300ドルを下回った。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比−3.80ドルの1オンス=
1299.40ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1296.30ドルまで売られた。12日に行われた史上初となる米朝首脳会談では、両首脳が共同声明に署名し、北朝鮮側は朝鮮半島の完全非核化に取り組みこと、米国側は北朝鮮の体制保証に取り組むことになった。ただ、具体策は提示されていないことから、一部で安全逃避的な買いが観測された。 <CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY金:弱含みで1299.40ドル、米朝首脳会談は無事終了