新規買いは原資産の株価上昇が目立つソニー<6758>プット310回 1月 8,250円を逆張り、ソニーコール362回 12月 9,750円を順張り、任天堂<7974>コール398回 1月 55,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ日本製鉄<5401>コール210回 12月 1,300円を逆張り、楽天<4755>コール287回 1月 1,350円を逆張り、住友金属鉱山<5713>コール242回 1月 4,150円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては野村NYダウ30連動ETF プラス5倍トラッカー7回 12月 25,000円、日本製鉄プット182回 12月 1,000円、ソニーコール367回 1月 9,750円、日経平均コール1798回 12月 25,000円、ソニープット306回 1月 6,250円などが見られる。

上昇率上位は任天堂コール395回 12月 70,000円(+33.3%)、住友金属鉱山プット193回 12月 2,400円(+33.3%)、ソニーコール362回 12月 9,750円(+30.1%)、コマツ<6301>プット148回 12月 2,025円(+26.3%)、ソニーコール360回 12月 9,250円(+25.6%)などとなっている。

(eワラント証券)

<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「株価大幅下落の日本製鉄に逆張りのコール買いが目立つ(13日10:01時点のeワラント取引動向)