新規買いは原資産の株価上昇が目立つ東京エレクトロン<8035>コール267回 12月 28,000円を順張り、東京エレクトロンプット220回 11月 28,000円を逆張り、SUMCO<3436>コール196回 11月 1,750円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ太平洋セメント<5233>コール67回 1月 2,500円を逆張り、国際石油開発帝石<1605>コール182回 1月 500円を逆張り、日本製鉄<5401>コール205回 11月 1,150円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては野村ホールディングス<8604>コール286回 11月 525円、日経平均コール1705回 11月 21,000円、日経平均コール1995回 1月 25,000円、サイバーエージェント<4751>コール145回 1月 8,000円、東京エレクトロンコール276回 1月 30,000円などが見られる。

上昇率上位は東京エレクトロンコール272回 11月 34,000円(前日比2.3倍)、コマツ<6301>プット149回 11月 2,200円(前日比2.2倍)、ニアピン米ドルr2 1286回 11月 109円(前日比2倍)、コマツプット147回 11月 2,025円(前日比2倍)、コマツプット151回 11月 2,375円(+91.1%)などとなっている。

(eワラント証券)

<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京エレクトロンを対象とするコールが前日比2倍超えの大幅上昇(5日10:00時点のeワラント取引動向)