新規買いは原資産の株価下落が目立つセリア<2782>コール11回 4月 4,400円を逆張り、SUMCO<3436>コール158回 6月 1,800円を逆張り、トリケミカル研究所<4369>コール8回 1月 5,300円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては任天堂<7974>コール321回 2月 47,000円、日本マイクロニクス<6871>コール23回 12月 900円、日経平均コール1197回 12月 21,500円、信越化学工業<4063>プット97回 12月 9,500円、日経平均プット941回 2月 21,500円などが見られる。

上昇率上位はアルプス電気<6770>28回 12月 2,500円(前日比2.4倍)、ニアピン日経平均r250 1502回 12月 20,500円(前日比2.3倍)、ニアピン米ドルr2 1147回 12月 109円(前日比2.1倍)、信越化学工業プット97回 12月 9,500円(前日比2.1倍)、エクソンモービルプット10回 12月 70米ドル(前日比2倍)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)


<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「既存店売上の不調で急落のセリアに反発期待のコール買いが集まる。(6日10:00時点のeワラント取引動向)