KINGSは、世界最大決済端末企業ラカラとの提携に続いて、ダボスブロックチェーンフォーラム中国代表団団長のトウ迪氏が率いる大手投資会社の太一グループ(太一云)、ネット上の新しいプロトコルを手掛けるIPWebとの戦略的パートナーを締結した。

中国シルクロード経済ベルト「一帯一路」構想実現を担うAIIBアジアインフラ投資銀行の顧問でもあり、中国で人気の鳩山由紀夫氏(元内閣総理大臣)を来賓として招いたサミットでの提携発表となった。

太一グループ(太一云)は、100を超える世界中のプロジェクトに投資をし、ドバイ、カナダでは、金融センター内にオフィスを構え、ブロックチェーン技術による国際的大手企業との提携を進めている。
トウ迪氏は、「中国のブロックチェーンは、実はとても大きな潜在マーケットがある。中央銀行のデジタル通貨の開発に伴い、金融業界全体がブロックチェーンに移行する可能性がある」と発言。製造業、医療、観光、食糧分野など、日本企業の技術に多くの特許・資本を提供し、次世代産業・金融市場を創造するための戦略提携発表となった。

KINGSと太一グループ(太一云)は初期プロジェクトとして、KINGSCruise&Resortの開発に着手する。






【ニュース提供・エムトレ】


<US>

情報提供元:FISCO
記事名:「中国ブロックチェーン関連大手企業「太一グループ(太一云)」と戦略提携