7日の上海総合指数は買い先行。前日比0.02%高の2659.84ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.37%安の2649.44ptで推移している。米中間選挙の結果を見極めたいとのムードが強まり、積極的な買いは手控えられている。一方、政策期待が根強いことが指数をサポートしている。



<AN>

情報提供元:FISCO
記事名:「(中国)上海総合指数は0.02%高、米中間選挙結果を見極める