急反落。公募による新株発行(一般募集)150万株、株式売出し(引受人の買取引受け)68万1000株、オーバーアロットメントによる売出し31万9000株を実施すると発表している。一般募集による調達資金の約82.5億円は、医心館の新規開設に係る設備投資や借入金返済に充当する。18日現在の発行済株式総数(2252万2000株)に対する公募増資の比率は6.7%で、株式価値の希薄化懸念から売り優勢となっている。 <YN>

情報提供元:FISCO
記事名:「アンビス---急反落、公募による新株150万株発行で希薄化懸念、調達資金は82.5億円