大幅反発。21年3月期第3四半期累計(20年4-12月)の営業損益を0.65億円の黒字(前年同期実績9.07億円の赤字)と発表している。AIソリューション事業でライフサイエンスAI分野やビジネスインテリジェンス分野が好調に推移した。リーガルテックAI事業も損益が改善し、黒字転換に寄与した。通期予想は2.00億円の黒字で据え置いた。
上半期時点では1.60億円の赤字であったため、収益改善が好感されているようだ。
<YN>

情報提供元:FISCO
記事名:「FRONTEO---大幅反発、21年3月期第3四半期は営業黒字に転換、AIソリューションなど好調