大幅に3日ぶり反発。19日付の大量保有報告書でゴールドマン・サックス証券のグループ会社3社が計6.89%を保有していることが明らかとなり、買い材料視されている。報告義務発生日は13日。保有目的は、有価証券関連業務の一部としてのトレーディング・有価証券の借入等のほか、運用目的の証券投資信託による保有及び投資一任契約に基づく運用などとなっている。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「Retty---大幅に3日ぶり反発、ゴールドマン・サックスの大量保有を買い材料視