大幅に4日ぶり反発。18年10月15日に発行した第2回新株予約権の権利行使が完了したと発表している。今年11月2-18日に412個(発行総数の5.57%)が権利行使され、4万1200株が交付された。新株予約権の行使完了で株式価値の希薄化懸念が払拭されたとの見方から、投資資金が流入している。前日までの続落で値頃感が出てきたことも買い戻しにつながっているようだ。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「エヌエフHD---大幅に4日ぶり反発、新株予約権の行使完了で希薄化懸念払拭