大幅に反発。20年12月期第3四半期累計(20年1-9月)の営業利益を前年同期比82.1%
増の30.69億円と発表している。新型コロナウイルスの影響で感染対策商品の需要が拡大したほか、ロジスティックセンターの稼働率が高水準を維持し、利益拡大につながった。通期予想は前期比57.1%増の33.00億円で据え置いた。進捗率は93%に達しており、会社計画を超過達成するとの期待から買いが入っているようだ。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「Ciメディカル---大幅に反発、20年12月期第3四半期の営業利益82.1%増、感染対策商品の需要拡大で進捗率93%