大幅に続伸。20年12月期の営業利益を従来予想の4.10億円から6.50億円(前期実績25.22億円)に上方修正している。来年度に見込んでいた一部工事の完成が今年度に前倒しとなり、粗利益が改善した。一部の工事で採算が改善したことも利益を押し上げる見込み。併せて年間配当を従来予想の20.00円から23.00円(同30.00円)に増額修正したことも買い材料視されているとみられる。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「高橋ウォール---大幅に続伸、20年12月期の営業利益予想を上方修正、年間配当予想を23円に増額修正