大幅に反発。19年6月期第1四半期(18年7-9月)の営業損益を25.13億円の赤字と発表している。対前年同期の増減率は非公表。TVCMやオンライン広告を中心としたマーケティング施策の強化などに伴う広告宣伝費が響いた。ただ、フリマアプリ「メルカリ」の国内流通総額が前年同期比288億円増の990億円と拡大していることに加え、悪材料出尽くしとの見方から買いが入っている。通期予想は開示していない。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「メルカリ---大幅に反発、19年6月期第1四半期は25.13億円の営業赤字も悪材料出尽くし