大幅に3日ぶり反発。19年7月期の営業利益予想を前期比14.7%増の6.87億円と発表している。事業の柱である高齢者向け配食サービス市場は拡大傾向にあるとして、FC加盟店で15.3%増、高齢者施設等で29.2%増などの売上増加を見込む。同時に発表した18年7月期の営業利益は26.0%増の5.99億円で着地。FC加盟店や高齢者施設等に加え、相手先ブランドで販売するOEMも順調に伸びた。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「シルバーライフ---大幅に3日ぶり反発、19年7月期営業利益予想、14.7%増