大幅に3日ぶり反発。19年2月期第1四半期(18年3-5月)の営業利益を前年同期比27.0%増の2.53億円と発表している。低価格の生活必需商品群の品揃えを強化し、ローコストでの店舗運営に注力したことが奏効した。また、物流の内製化でコスト低減が進んだ。通期予想は前期比21.0%増の6.80億円で据え置いたが、進捗率は37.2%に達している。第1四半期の順調な業績が好感され、買いを集めている。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「ジェーソン---大幅に3日ぶり反発、19年2月期第1四半期営業利益は27.0%増、進捗率37.2%