急落。18年8月期の営業利益を従来予想の3.44億円から4.83億円(前期実績5.90億円)に引き上げている。装置関連事業で顧客の設備投資計画が前倒しになったことに加え、作業効率や稼働率の向上などか寄与した。上方修正後も前期比18.1%減とマイナスにとどまっており、材料出尽くしとみた向きが売りを出している。同時に発表した第3四半期累計(17年9月-18年5月)は前年同期比39.3%減の4.41億円だった。 <DM>

情報提供元:FISCO
記事名:「エヌピーシー---急落、18年8月期営業利益を上方修正も材料出尽くし