[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23037.12;+215.80TOPIX;1727.07;+17.05


[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比215.80円高の23037.12円と前引け(23042.83円)とほぼ同水準で取引を開始した。新興国の通貨安不安の後退や米株高、円安進行を背景に、半導体関連や電子部品、設備投資関連株を中心に買いが入っている。一方で節目の23000円に到達したことによる利益確定の売りも出ており、高値圏でのもみ合いとなっている。

 セクター別では、電気機器、機械、海運業、金属製品が買われている一方で、陸運業、医薬品、電気・ガス業、その他製品は売られている。売買代金上位では、ソニー<6758>、ファナック<6954>、キーエンス<6861>、村田製<6981>、SUMCO<3436>などの堅調ぶりが目立つ。反面、ソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>などは下落している。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「後場の日経平均は215円高でスタート、ソニーやファナックなどが堅調