[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22121.81;+222.82TOPIX;1658.03;+17.64

[後場の投資戦略]

 日経平均は前日の下落分の3分の2ほど戻し、前場を折り返している。5日移動平均線の位置する22000円割れ水準では短期筋の買いが入りやすかった面もあるだろう。個別ではキーエンス<6861>やアドバンテス<6857>の堅調ぶりが目立つなど、好業績銘柄への買いが継続していることも窺われる。

 ただ、本日投開票の米中間選挙を前に、積極的な上値追いは手掛けにくくなるだろう。
前場の東証1部売買代金は1兆円あまりにとどまっており、全体的に様子見ムードが強まっている。アジア市場に目を向けると、中国・上海総合指数が続落して推移しており、外部環境の追い風も期待しにくい。なお、後場の取引時間中にはトヨタ自<7203>が上期決算を発表する。日本企業全体として通商問題の影響が懸念されるなか、先行きを占ううえで同社決算が注目されるだろう。
(小林大純)
<AK>

情報提供元:FISCO
記事名:「後場のトヨタ自決算や米中間選挙待つ