[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22189.74;+41.99TOPIX;1662.41;+3.06

[寄り付き概況]

 7日の日経平均は前日比41.99円高の22189.74円と続伸して取引を開始した。6日の米国市場ではNYダウが173.31ドル高の25635.01、ナスダック総合指数は47.11PT高の7375.96で取引を終了した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22245円。円相場は1ドル113円30銭台で推移している。朝方に円相場がやや強含んだためシカゴ先物清算値を下回って始まった日経平均だが、その後上げ幅を3ケタに広げている。市場では開票に移った米中間選挙の結果に注目が集まっている。

 業種別では、海運業、その他製品、倉庫・運輸関連業、情報・通信業などが堅調に推移している。一方、精密機器や非鉄金属がマイナスとなっている。売買代金上位では、ディーエヌエー<2432>の上昇が目立ち、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、NTT<9432>なども買われている。一方、ダイキン工<6367>やオリンパス<7733>の下げが目立っている。
<US>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は41円高でスタート、任天堂やファーストリテが買われる