[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23550.47;-233.25TOPIX;1777.96;-14.69


[寄り付き概況]

 本日の日経平均は前日比233.25円安の23550.47円と4日続落して取引を開始した。8日の米国市場ではNYダウが小幅高となった反面、ナスダックは下落した。アジア・欧州株が全面安となったことを受けて上値の重い展開となった。また為替相場は1ドル=113円00銭近辺と前営業日に比べ円高に振れて推移している。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比195円安の23625円となり、日経平均は寄り付きから軟調な展開となっている。下げ幅を300円に広げる場面もあった。米中貿易問題への警戒感が相場の重しとなっている。

 セクター別では海運業や電気機器、鉱業、精密機器が下落している一方で、不動産業や銀行業、建設業、陸運業は上昇している。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、東京エレクトロン<8035>が売られている反面、三菱UFJ<8306>
や三井住友<8316>、日本郵政<6178>は買われている。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は233円安でスタート、米中貿易問題への警戒感が相場の重しに