[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;25826.43;+287.97
Nasdaq;7441.51;+110.98
CME225;22635;-5(大証比)

[NY市場データ]

3日のNY市場は上昇。ダウ平均は287.97ドル高の25826.43、ナスダックは110.98ポイント高の7441.51で取引を終了した。前週末の米中首脳会談で、追加関税を90日間留保することで合意し、貿易摩擦への懸念後退からアジア・欧州株が全面高となった。投資家心理の改善から買い戻しの動きも広がり、終日上昇となった。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や小売が上昇する一方で電気通信サービスや食品・飲料・タバコが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の22635円。ADRの日本株はソニー<6758>、任天堂<7974>、富士フイルム<4901>、TDK<6762>が小じっかりな他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、LINE<3938>、トレンド<4704>など、対東証比較(1ドル113.6円換算)で全般冴えない。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「3日のNY市場は上昇