[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;25998.92;+27.86
Nasdaq;7954.23;-18.25
CME225;22645;+25(大証比)

[NY市場データ]

12日のNY市場はまちまち。ダウ平均は27.86ドル高の25998.92、ナスダックは18.25ポイント安の7954.23で取引を終了した。携帯端末のアップル(AAPL)の新製品発表会や、大型ハリケーンの接近を控えて様子見ムードとなるなか、米国が中国に新たな通商交渉の実施を提案していることが報じられたことが好感され、一時上げ幅を拡大する場面もあったが、終日小幅な値動きとなった。セクター別では、食品・飲料・タバコや電気通信サービスが上昇する一方で銀行や半導体・半導体製造装置が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の22645円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、NTT<9432>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、コマツ<6301>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル111.26円換算)で全般堅調。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「12日のNY市場はまちまち