[本日の想定レンジ]

6日は米NYダウが173.31ドル高の25635.01、ナスダック総合指数が47.11pt高の7375.96、シカゴ日経225先物が大阪比45円高の22245円。6日の日経平均は終値が5日線を6日連続で上回り、買い需要の強さを示した。本日はシカゴ225先物にサヤ寄せする形でしっかりとした値動きが予想される。東証1部の騰落レシオ(25日平均)は75.77%と低水準にあり、買い戻しの継続を示唆している。2日ザラ場高値22308.42円を超えると、上昇加速が予想される。
同水準を超えられなければ、25日線の下降などから短期的な天井到達感が生じやすく、売り優勢に転じる可能性がある。一目均衡表では、転換線と基準線がともに横ばいで推移し、下値模索はいったん終了した形だ。ボリンジャーバンドでは中心線超えが見込まれ、
終値で中心線を超えれば、-2σ割れとなった10月26日からの戻りトレンド継続が確認され、+1σ側を目指した上昇トレンドが期待できよう。

[予想レンジ]

上限22500円−下限22200円

<DM>

情報提供元:FISCO
記事名:「2日高値抜けば上昇加速、ボリンジャーは中心線超え