[本日の想定レンジ]

10日は米NYダウが831.83ドル安の25598.74、ナスダック総合指数が315.97pt安の7422.05、シカゴ日経225先物が大阪比730円安の22800円。10日の日経平均は5日ぶりに小反発したが、陰線を引いて終了した。本日の日経平均は節目の23000円を割る公算が大きく、25日線を下回り9月13日高値と14日安値で空けた窓を埋める展開が予想される。一目均衡表では、日々線が基準線と雲上限の中間付近まで下落するとみられる。さらに遅行線が急落して株価との上方乖離幅を失い、強気シグナルが消える可能性にも留意しておきたい。

[予想レンジ]
上限23100円−下限22600円 <SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「25日線割れで窓埋めへ