堅調。昨年11月につけた戻り高値をピークに調整が強まり、12月半ば以降は1200円辺りを支持線にボトム推移が継続。しかし、足元でリバウンド基調が強まっており、75日線を上放れてきている。一目均衡表では雲上限を上放れてきており、遅行スパンは実線を下から上に突き抜ける形で、上方シグナルを発生させている。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「イーソル---75日線を上放れシグナルが好転