堅調。年初につけた安値をボトムに緩やかなリバウンド基調が続くなか、上値抵抗として意識されていた75日線を突破。昨年12月半ばの調整局面で空けていたマドを埋めている。一目均衡表では雲のねじれの場面で雲上限を突破。遅行スパンは実線を下から上に突き抜ける形で、上方シグナルを発生させている。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「キングジム---調整局面で空けていたマドを埋める