10月21日高値5270円をピークに調整が続いていたが、上昇する25日線が支持線として機能しており、リバウンドを見せてきている。これにより直近の下降トレンドラインを突破する格好。一目均衡表では雲を上回っての推移が継続。遅行スパンは実線に接近していたが、交差することなく切り返しをみせており、上方シグナルが継続。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ビザスク---堅調、支持線として機能している25日線からのリバウンド