2月半ばに付けた高値6200円をピークに調整が続いており、支持線として意識されていた13週線を割り込むと、その後26週線も下回っている。ただし、52週線接近では下ヒゲが連発する格好となり、同線が支持線として機能している。週足の一目均衡表では雲を上回っての推移が続いており、遅行スパンの上方シグナルも継続。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「レーザーテック---52週線接近では下ヒゲが連発する格好