売り優勢。ムニューシン財務長官が人民元の下落について中国政府による為替操作を調査する方針を示した。米中関係悪化への警戒感が広がったことなどを背景に10日の米国市場ではNYダウが830ドル超の急落。これを受けて本日は全般売り優勢の展開となるなか、同社株も下落。しかし、一目均衡表の雲上限にタッチ後は下げ幅を縮める展開に。手掛けにくいなかではあるが、好業績を見込んでいる銘柄には相対的に物色が向かいやすいだろう。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「明治機---売り優勢、雲上限にタッチ後は下げ幅を縮める展開