足元で緩やかなリバウンド基調がみられている。75日線の攻防がみられているが、下値は25日線が支持線として機能している。一目均衡表では雲の中での推移であり、強弱感が対立しやすいところであるが、遅行スパンは上方シグナルを継続させている。
売り一巡後の反転を想定して、雲下限レベルでの押し目拾いのスタンスとなろう。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「協和キリン---押し目拾いのスタンス