足元で調整が続いており、支持線として意識されている25日線を下回ってきている。5日線と25日線との短期デッドクロスも意識されてきている。一目均衡表では雲を下放れ、基準線での攻防。遅行スパンも下方シグナルを発生させているが、今後、実線が切り下がりをみせてくるため、来週にも上方シグナルを発生させてくる可能性がある。薄い雲の水準でもあり、。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「テクノプロHD---足元調整も自律反発狙いでの対応