4営業日ぶり反発。25日線が上値抵抗として意識されるものの、下値の堅さが意識されている。一目均衡表では雲の中での推移だが、連日で雲上限を捉える値動きをみせている。遅行スパンは下方シグナルが継続しているが、実線が切り下がる再来週にも、上方シグナル発生の可能性がある。 <TM>

情報提供元:FISCO
記事名:「オプティム---4営業日ぶり反発、再来週にも上方シグナル発生の可能性