本日のマザーズ市場では、朝方から買いが先行する展開となった。日経平均が連日の大幅高となり、マザーズ市場でも個人投資家のセンチメントが一段と上向いた。前日で2020年10-12月期の決算発表が一巡したことに伴い、好業績銘柄を買い直す動きなどが見られた。ただ、日経平均が引けにかけて急失速すると、マザーズ指数も小幅ながらマイナスに転じる場面があった。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で
2830.96億円。騰落数は、値上がり134銘柄、値下がり204銘柄、変わらず4銘柄となった。
個別では、時価総額上位のフリー<4478>、売買代金上位のBASE<4477>やKaizenPF<4170>が堅調。今年2月上場のQDレーザ<6613>、昨年12月上場のエネチェンジ<4169>は買いが広がりストップ高を付けた。決算発表銘柄ではカヤック<3904>などが急伸し、INC<7078>、フレアス<7062>、FRONTEO<2158>がストップ高。一方、時価総額上位ではメルカリ<4385>やラクス<3923>、売買代金上位ではAIinside<4488>などが軟調だった。前日買われた昨年12月上場のプレイド<4165>だが、本日は急反落。ココペリ<4167>も同様で下落率トップとなった。
<HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ指数は4日続伸、日経平均睨みの展開、QDレーザなどストップ高