本日のマザーズ指数は、米国市場が大幅上昇したことや、ナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ反発でスタートした。寄り付き後は本日付けの日本経済新聞に、ハンコレス業務効率化に関しての記事が掲載されていたことから、時価総額上位の弁護士ドットコム<6027>やAIinside<4488>など電子化関連銘柄が上昇し、マザーズ指数をけん引した。また、時価総額上位のメルカリ<4385>と日本郵便が郵便ポストで商品を送れるサービスを開始すると発表したことが好感され、大幅上昇したことも指数の上昇に貢献した。そのほか、今朝の日足チャートでは75日線である1149.56ptが近づいてきていたため、テクニカル的にも自律反発狙いの買いが入りやすい状況であることも、相場の上昇に寄与したようだ。これらのことから、マザーズ指数は一時、62.57pt高まで上昇し本日の高値付近で取引を終了した。
マザーズ指数は反発、売買代金は概算で2221.98億円。騰落数は、値上がり298銘柄、値下がり28銘柄、変わらず5銘柄となった。
個別では、10月16日に一時停止していたeスポーツ大会プラットフォームの再開めどを11月中旬と発表したログリー<6579>はストップ高となった。また、電子書籍紹介メディアの漫画大陸を譲り受けると発表したことが引き続き好感されたリアルワールド<3691>はストップ高となった。そのほか、プレミアアンチエイジング<4934>、ケアネット
<2150>、バリュエンスホールディングス<9270>は高い。一方、20年12月通期予想で営業利益が前年比16.7%減の3.01億円と発表したユニフォームネクスト<3566>は3%を超える下落となった。また、11月2日にストップ高となった反動でテノ.<7037>が5%を超える下落となった。そのほか、リネットジャパングループ<3556>、Aiming<3911>、エヌ・ピー・シー<6255>は安い。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ指数は反発、デジタル化や巣籠りの一角が上昇 値上がり率トップはログリー