本日のマザーズ市場は、朝方に日経平均の弱含みで連れ安となる場面もあったものの、相対的に堅調ぶりが目立った。連日のストップ高で注目されるサンバイオ<4592>が朝安後に切り返し、マザーズ指数を押し上げた。米中間選挙の結果速報を受けて日経平均は荒い動きとなったが、サンバイオの強い値動きで個人投資家のマザーズ銘柄に対する積極姿勢が続いたようだ。なお、マザーズ指数は大幅に4日続伸、売買代金は概算で943.57億円。騰落数は、値上がり174銘柄、値下がり87銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、前述のサンバイオがストップ高水準まで上昇して取引を終えた。4日連続となる。朝方は利益確定の売りも出たが、複数の証券会社でレーティングや目標株価引き上げの動きが観測され、株価を押し上げた。その他ではエクストリーム<6033>、サインポスト<
3996>、農業総合研究所<3541>などが上昇。また、上期決算を発表したエンカレッジ<3682>
がマザーズ上昇率トップとなり、やはり決算が好感されたリンクバル<6046>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、直近IPO銘柄のイーソル<4420>やチームスピリット<4397>などが軟調で、ALBERT<3906>やSOSEI<4565>は小安い。また、第3四半期決算が減益となったグローバルリンク<3486>や、業績上方修正で材料出尽くし感が広がったレントラックス<6045>などがマザーズ下落率上位に顔を出した。
<HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ指数は大幅に4日続伸、サンバイオが切り返しストップ高