本日のマザーズ市場では、米NYダウの上昇を受けて日経平均が反発スタートしたことにつれ、買いが先行した。しかし、マザーズ指数はここ2日の上げが目立っていただけに、上値では利益確定の売りも出てマイナスに転じる場面があった。米中間選挙を前にポジションを手仕舞う動きもあったとみられる。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で748.97億円。騰落数は、値上がり74銘柄、値下がり184銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、サンバイオ<4592>がマザーズ売買代金トップで3日連続のストップ高。引き続き再生細胞薬の試験結果を好感した買いが入った。その他ではエクストリーム<6033>、ALBERT<3906>、サインポスト<3996>などが小高い。目標株価引き上げ観測のUUUM<
3990>や直近IPO銘柄のチームスピリット<4397>、またITM<2148>などは上げが目立った。一方、ADWAYS<2489>、VALUENEX<4422>、RPA<6572>などは軟調。また、ナレッジスイート<3999>やフィンテック<8789>は手仕舞い売りがかさみ、マザーズ下落率上位に顔を出した。
<HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ指数は3日続伸、サンバイオが連日のストップ高