本日のマザーズ指数は3日ぶり反落。11日の米国市場におけるNYダウ上昇や為替市場の円安進行を背景に、朝方はマザーズ市場にも買いが先行した。一方で、米ハイテク株下落によって、朝高の日経平均がマイナスに転じたことから、マザーズ指数も直後にマイナス転換した。個人投資家心理は悪化し、直近IPO銘柄や時価総額上位銘柄に対する利益確定売りの動きが強まった。終値ベースでは、8月24日以来の1000pt割れとなった。なお、売買代金は概算で928.36億円。騰落数は、値上がり83銘柄、値下がり162銘柄、変わらず9銘柄となった。
 値下がり率上位では、フィンテックグローバル<8789>が19%超の下落となったほか、エヌ・ピー・シー<6255>やメディアシーク<4824>も大幅安に。売買代金上位では、モブキャスト<3664>、anfac<7035>、サンバイオ<4592>、そーせい<4565>、メルカリ<4385>が下落。
一方で、ALBERT<3906>、エクストリーム<6033>、GA TECH<3491>は堅調。
<SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ指数は3日ぶり反落、終値ベースで1000pt割れ、モブキャストが急落