有限会社明日香出版社(東京都文京区)は2021年2月12日(金)に、ビジネス書の新刊『まわるリモートチームのマネジメント術』(著・飯田剛弘)を発売しました。税抜価格1600円で全国書店にて展開します。

新型コロナウイルスの感染拡大で、働き方が大きく変化しました。リモートで多様なメンバーを束ねるリーダーに向けて「管理」「指導」「目的や目標、成果の明確化・数値化」「コミュニケーション」などのノウハウをわかりやすく解説しました。信頼関係に基づいた生産性の高いチームを作るために、必読の一冊です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231282&id=bodyimage1

試し読み記事を公式noteで公開中
https://note.com/asuka_pub1972/n/nc447aa312dd5

【著者略歴】
飯田 剛弘(いいだ・よしひろ)
ビジネスファイターズ 代表 全米大学優等生協会(Phi Kappa Phi)所属 中小企業庁 ミラサポ 登録専門家 名古屋商工会議所 エキスパートバンク(経営・技術強化支援) 登録専門家
愛知県生まれ。南オレゴン大学卒業後、インサイトテクノロジー入社。ソフトウェア開発、コンサルティング、海外事業開発等を経て、2004年5月からインド企業とのソフトウェア共同開発プロジェクトに従事。ここではじめて、本格的なリモートマネジメントを始める。その傍ら、プロジェクトマネジメント協会(PMI)の標準本『プロジェクトマネージャーコンピテンシー開発体系 第2版』の出版翻訳に携わる。外資系企業のFAROでは、日本、韓国、東南アジア、オセアニアのマーケティング責任者として、日本から海外にいるリモートチームをマネジメント。人材育成や多様性のあるチーム作りにも力を入れ、1on1ミーティングは1000回を超える。現在は、グローバルビジネスの経験を基に、経営・マーケティング、人材育成、リモートチームのマネジメントを支援、講演や研修、執筆活動など多方面で活動中。

【もくじ】
第1章 リモートチームで働くための心得
第2章 うまく仕事を進めるコミュニケーション術
第3章 リモートチームの会議・ミーティング
第4章 リモートチームのマネジメント
第5章 リモートワークの落とし穴にハマらないワークスタイル
第6章 リモート時代の組織づくり
第7章 自分をアップデートして、チャンスを掴む

【仕様】
飯田剛弘 著
定価:本体1600円+税
B6版/240ページ
ISBN978-4-7569-2130-7

【会社データ】
所在地:〒112-0005 東京都文京区水道2-11-5
代表取締役:石野 栄一



配信元企業:明日香出版社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「見えない部下を動かし、結果を出せ! 『まわるリモートチームのマネジメント術』2月12日発売