ミュージックマインは、20201年2月10日、DJ MIKUの最新作“Chopper”を配信リリースしました。
90年代初頭のClub Razzleに始まりKey-enegy、Sound of speed、Cyclone、 そして現在のGLOBAL ARKに至るまで数々のパーティーのレジデンツDJをこなしてきたDJ MIKU。同時にアブストラクト、ミニマル、ディープテクノ等、幅広い作品をリリースしてきたDJ MIKUの最新作。 今作である”Chopper”に於いては躊躇なく幾重ものエモーショナルなメロディーをぶち込み、そのレイヤーと相俟ってコズミックでメランコリックなサウンドに仕上がっている。 また、Caller Breezでは、DJ MIKUの真骨頂である"浮遊感のあるアンビエントなウワモノ"に"ミニマルでトランシーなリズム&ベース"というリフレクティヴなトリップ感が演出された作品となっている。 この独特な世界観はDJ MIKUの唯一無比のアレンジと言えよう。

Apple music
https://music.apple.com/jp/album/caller-breeze-single/1552361999
Spotify:
https://open.spotify.com/track/0g1bjTejYq4tRzCKABa9ru

同時に富士山麓で撮影されたMVも公開
https://youtu.be/rq70mIadz8Y

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231098&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231098&id=bodyimage2

■DJ MIKUDJ/プロデューサー
1990年より、エレクトロニック・ミュージックを中心としたDJ活動を開始。
1992年-1996年。サウンドシステムと共に場所を移動し開催されていた、ウエアハウスパーティー「Key-energy」のレジデンツDJとしてGOLD、Janggle Bass、Beam Holl、Ball Roomなどのベニューでプレイ。
その他「RAINBOW2000」「春風」「BIG CHILL Enchanted Garden」他数々の国内外の野外イベント、フェスなどに出演。1996年にはレーベル「NewStage Records」を設立。Hideo Kobayashi、DJ Natsuとの人組みユニット、LOTUSでフルアルバム゛Kasumi exprience"をリリース。同年レーベル名を「NS-COM」に変名し、東京、ロンドンを拠点にアーチスト作品を次々リリース。ヨーロッパツアーなども同時期に行う。1998年以降、エレクトロニカ、アブストラクトに傾倒。それらのアーチスト作品のプロデュース、リリースにしばらく専念。
2001年エレクトロニカのつ打ちという解釈で集めたトラックをコンパイルした自身初のMIX CD゛Sequence-phenomenon"をMusic Mineよりリリース。DJ活動を復活させる。その世界観を主軸に渋谷WOMBで開催されていたCYCLONEにて、レジデンツDJとして6年間プレイ。作品においては90年代から2010年代までDJ MIKU名義でPickin'mushroom、Pussyfoot、WC recordings、blank records、Music mine、Hypnotic Room)等からリリース。またレーベルBlank Records、ElectricPunchesの設立、アーチストのプロデュース、楽曲提供などマルチな活動も展開してきた。2012年からは野外パーティー「GLOBAL ARK」を仲間と共に主宰。2016年6月自身初のソロアルバム「Basic&Axis」をリリース。コロナ禍の中2020年にはGlobal Ark 2020を成功させ、今年もその活動を期待されている。



配信元企業:株式会社ミュージックマイン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「DJ MIKUの最新作“Chopper”を配信リリース